蜂の子

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

蜂の子は自律神経失調症に効果的?めまいや冷え性などで悩む人に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 10分

蜂の子は自律神経失調症に効果的?めまいや冷え性などで悩む人に!

 

めまいや頭痛、冷え、だるさなどの原因不明の不調が続いている人は自律神経失調症かもしれません。

 

よく聞く言葉ですが、はっきりわからない人も多いかもしれません。自律神経失調症というのは、体の中でどんなことが起こっているのかご存知ですか?

 

自律神経失調症を治すには、生活習慣の改善が大切です。ですが、蜂の子も効果的だといわれています。健康食品で体調がよくなるならうれしいですよね。

 

そこで今回は自律神経失調症のメカニズムや蜂の子との関係についてご説明します。

自律神経失調症ってどんな病気?

そもそも、自律神経失調症とはなんなのでしょうか。名前は知っているけれどよく知らないという人も多いかもしれませんね。

自律神経とは

「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経のことを言います。

 

交感神経:活動している時に優位になる神経

副交感神経:リラックスしている時に優位になる神経

 

健康な人の場合、昼になると交感神経が、夜になると副交感神経が優位になります。ですが夜になっても副交感神経が優位にならずに体に不調が出てしまうことを「自律神経失調症」というのです。

 

夜になっても交感神経が優位になったままでしっかり休むことができないため、体の疲れがとれず、さまざまな不調が出てきてしまうんです。自律神経の乱れによって不調が出る状態を「自律神経失調症」と呼んでいますが、正式な病名ではありません。

 

自律神経が乱れると他にも神経性胃腸炎、過敏性腸症候群、過呼吸症候群、メニエール病などを引き起こしてしまうことがあります。

 

過敏性腸症候群について詳しくはこちら:

ローヤルゼリーの成分は過敏性腸症候群や下痢に効果あり?

 

メニエール病について詳しくはこちら:

蜂の子はメニエル病にいいって本当?耳鳴り、めまい、難聴に!

どんな症状がでるの?

どのような症状が出るのかは人によって様々ですが

  • 倦怠感
  • 頭痛
  • めまい 詳しくはこちら
  • 肩こり
  • 不眠
  • 不整脈

などが表れてしまいます。

 

こちらで自律神経失調症のチェックができますので、「もしかして」と思う人は試してみてください。

 

とはいえこれらの症状は必ずしも自律神経失調症によるものとは限りません。重大な病気が潜んでいる場合もありますので、まずは病院を受診してみることも大切です。

 

参照元:武田コンシューマーヘルスケア

自律神経が乱れる原因は?

自律神経が乱れる原因

 

夜になっても副交感神経が優位にならない原因には

    • 人間関係や将来の不安などの精神的なストレス
    • 過労、音、温度、光などの身体的なストレス
    • 昼夜逆転する生活
    • 不規則な食生活(栄養不足)


などが挙げられます。ですから、自律神経失調症を改善するには生活習慣の見直しが大切です。

生活習慣の改善が必要

自律神経失調症を予防、改善するには

    • バランスの良い食事
    • 適度な運動
    • ストレスの発散方法を見つける
    • リラックス方法を見つける


などが重要になってきます。

 

知らず知らずの間にストレスが溜まっていることもありますので、なるべく楽しいと感じられるように生活に工夫をしていきましょう。

 

また、ストレスを溜めないためにはカルシウムをしっかり摂ることも大切です。カルシウムには神経の緊張を鎮め、イライラを抑える効果があります。こちらの食材にカルシウムが豊富に含まれているので、積極的に食事に取り入れてみてください。

蜂の子も効果あり!

蜂の子が自律神経失調症に効果あり?

 

自律神経失調症を改善するには、生活習慣の見直しが必要です。今までの生活習慣の中に原因があることが多いので、簡単には治りにくいかもしれません。生活習慣の改善と併用して蜂の子を摂取するとさらに効果が期待できます。

蜂の子は自律神経を整えてくれる?

蜂の子にはアミノ酸の一種である「トリプトファン」が含まれています。トリプトファンは

    • 自律神経を整えるセロトニン
    • 快眠に導いてくれるメラトニン


を作り出す作用があるため、自律神経失調症の方は積極的に摂りたい成分です。

 

セロトニンが分泌されると、ドーパミンやノルアドレナリンの働きを抑えられます。ですから、神経を平穏に保つことができます。

 

セロトニンは元々脳内で作られていますが、疲れやストレスが溜まっていると、分泌されにくくなってしまいます。ですから、トリプトファンを摂取してセロトニンを増やすことで自律神経を整える効果が期待できるのです。

 

トリプトファンは体内で合成することができないので食事から摂取しなくてはいけない必須アミノ酸です。蜂の子以外では大豆製品や乳製品などにも含まれていますが普段食事で摂取する量はごくわずかなんです。ですから、不足しがちな栄養素なんですね。

他にもこんな成分を含んでいます

蜂の子には必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸やビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。トリプトファン以外にも自律神経失調症にいい成分が多く含まれています。

    神経を落ち着かせ、イライラを解消する効果がある。

     

    うつ状態を解消する効果があるといわれる。やる気ホルモンといわれているドーパミンや意欲の元となるノルアドレナリンの原料となる。

     

    疲れたときに多く消費されてしまうので、積極的に摂取したいビタミン。ビタミンB1が不足すると糖質の分解ができず、疲労を感じやすくなる。

     

    全身に酸素を供給することで疲労回復効果がある。血行が良くなるので貧血の改善にもなり、めまい、冷えなどの症状にもいい。

 

また、アミノ酸全般は体力アップに役立ちます。蜂の子には体内で合成されないので食べ物から摂取しなくてはいけない必須アミノ酸も9種類含まれているんです。

 

蜂の子には自律神経に直接関係しているトリプトファンだけでなく、ストレスや疲労など自律神経が乱れる原因に関係している栄養素も多く含まれているんです。ですから、自律神経失調症の改善が期待できるんです。

 

参照元:ミツバチ健康科学研究所

栄養補給として

自律神経を整えるには、バランスの良い食事も大切です。普段の食事を改善することももちろん大切ですが、バランスの良い食事を毎日摂ることは結構大変ですよね。

 

蜂の子にはビタミン、ミネラル、アミノ酸などバランスのいい栄養素が含まれています。普段不足しがちな栄養素も多く含まれているので栄養補給としてもおすすめです。

まとめ

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが悪く、体にさまざまな不調が出てしまうことをいいます。精神的、身体的なストレスや疲労、栄養不足が原因となっているので生活習慣の見直しをすることが大切です。

 

蜂の子が自律神経失調症にいいといわれる理由は、

 

  • 自律神経に働く栄養成分が含まれている
  • 自律神経が乱れる原因に効果的な成分が含まれている
  • 栄養補給になる

 

といったことが考えられます。

 

蜂の子だけ摂取していれば治るというものではありませんが、自律神経失調症の対策として始めてみてはいかがでしょうか。

 

蜂の子は、もともとそのまま調理して食べられていましたが、最近ではサプリメントも多く販売されています。虫をそのまま食べるのには抵抗がある人もいると思いますが、サプリメントでしたら気にならずに摂取できますよね。また、成分も吸収しやすい形になって加工されているものもあるのでより効果が期待できますよ。

 

蜂の子サプリの一覧比較表

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事