蜂の子は老人性難聴に効果があるの?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

蜂の子は老人性難聴に効果があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 9分

蜂の子は老人性難聴に効果があるの?

 

年齢を重ねるとどうしても体にさまざまな障害がでてきて、若いころと同じようにはいかなくなってしまいます。

 

そのうちの1つに難聴があります。老人性難聴で聞こえづらくなることで人とのコミュニケーションも取りづらくなります。そのままにしておくと、認知症に発展してしまうケースもあるんですよ。

 

老人性難聴は「仕方のないこと」とあきらめている人も多いかもしれませんが、改善することもできるんです。蜂の子も効果的だといわれているんですよ。少しでも症状が改善したり、進行が遅くなったりするのならうれしいですよね。

老人性難聴はいつから起こる?

老人性難聴の自覚症状が出るのは60代位からが多いです。ですが、実際は20代頃から聴力が低下し始め、30代には症状が出ているんです。左右同時に少しずつ進行するので自覚っしにくいのですが、だんだんと聞こえづらくなっているんですね。

 

60代になると急激に聴力が低下することが多く、自覚症状が出てきます。

老人性難聴の特徴

難聴には感音性と伝音声がありますが、老人性難聴は感音性難聴の一種です。

 

感音性難聴:内耳の感覚器官や脳に何らかの障害が生じる

伝音性難聴:外字や内耳の障害によって起こる難聴(中耳炎や鼓膜の損傷など)

 

老人性難聴の場合、一般的に高い音から聞こえにくくなってきます。それは耳の仕組みに関係しています。

 

内耳の中の蝸牛には「有毛細胞」が生えています。外で音が鳴ると、有毛細胞が電気信号へ変換して脳へ伝達します。これによって音を認識します。

 

有毛細胞は1本1本違う音域を担当しています。高音を担当する細胞は蝸牛の手前にあり、奥に行くほど低くなります。ですが入口は同じです。高音を担当する細胞は常にいろんな音にさらされているためダメージを受けやすいのです。ダメージを受けるとその音が聞き取りづらくなり、最終的には壊れてその音が聞こえなくなってしまいます。

 

特定の音が聞こえなくなることで、子音が聞き取りにくくなります。聞き間違えも生じやすくなり本人や周りに支障が出てしまうこともあるんです。

 

参照元:ヒアリングストア

 

 

突然耳が聞こえづらくなる突発性難聴についてはこちらの記事をご覧ください:

蜂の子は突発性難聴にも効果があるの?

 

老人性難聴は改善できる?

老人性難聴の改善方法

 

老人性難聴は完全に回復させるのは難しいですが、対策することで進行を遅らせたり、改善するケースもあります。何もしないでいるとどんどん悪化してしまいますので、できることから対策していくことをおすすめします。

1,補聴器を使用する

聞こえづらさを改善させるには補聴器が一番です。補聴器の値段はピンからキリまであります。高額なものはその人の聴力に合うように設定してくれるのでやはり性能が違います。一度購入したら終わりではなく、購入後もメンテナンスをしてもらえますので対面販売の補聴器専門店で購入するのがよいでしょう。

 

症状が悪化してから使用すると、補聴器でも改善しないこともありますので早めに使用することをおすすめします。

 

耳の機能を改善するものではありませんが、会話を楽しめるようになり元気に生活できるようになります。また認知症の予防にもつながるといわれています。

2,生活習慣の改善

補聴器以外でも生活習慣を見直すことで難聴の進行を抑えることができます。

    • 血流を改善する

    老人性難聴の原因の1つは耳の血液循環の衰えです。血行が良くないと耳や脳への神経伝達も行われにくくなってしまいます。適度な運動などで血行を良くするようにしましょう。

     

    • 栄養バランスを整える

    ビタミンB群、ビタミンE、カルシウムなどを摂取することで改善が期待できます。ビタミンB1,B2ha難聴の薬にも使用されている栄養素です。反対に脂肪分や糖分の摂りすぎは難聴を悪化させてしまうので控えましょう。

     

    • 自律神経を整える

    ストレスなどが原因で自律神経が乱れてしまうと難聴にも影響してしまいます。規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜めないようにリフレッシュ方法を見つけるといいでしょう。

 

長年の生活習慣ですので、無理に改善しようとするとかえってストレスになってしまう可能性がありますが、できることから始めてみてください。

蜂の子も効果あり?

老人性難聴に蜂の子が効果あり?

 

老人性難聴の改善には蜂の子も効果的だといわれています。蜂の子を摂取するだけで症状が改善したり、進行を遅らせることができたりしたらうれしいですよね。

蜂の子の成分

蜂の子には、アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて老人性難聴の改善に役立つ栄養素も豊富なんです。

 

上の項で積極的に摂りたい栄養素としてご紹介したビタミンB1,B2,カルシウムも含まれています。また聴力アップに効果的といわれている亜鉛や、血流の改善に役立つ鉄分も含んでいます。普段不足しがちな栄養素をバランスよく摂取することができるんです。

 

さらに、アミノ酸の一種であるトリプトファンも含まれています。トリプトファンは、自律神経を整えるセロトニンというホルモンを作り出してくれます。難聴に伴う耳鳴りにも効果的ですよ。

 

自律神経の作用について詳しくはこちら:

蜂の子は自律神経失調症に効果的?めまいや冷え性などで悩む人に!

 

耳鳴りへの効果について詳しくはこちら:

蜂の子は耳鳴りに本当に効果的なの?

 

参照元:ミツバチ健康科学研究所

難聴に効果ありの研究結果も!

耳鳴りを伴う難聴患者を

  • 酵素分解された蜂の子を1日180mg×4カプセル摂取するグループ
  • 何も入っていない偽薬を摂取するグループ

の2つに分けて12週間経過観察する実験を行いました。

 

聴力検査の結果、蜂の子を摂取していたグループはより聞こえやすいほうの耳で2,000Hzと4,000Hzの聴力の改善が見られました。2,000Hz~4,000Hzという音域は、「か」「さ」「た」などの子音にあたる周波数です。この音が聞こえやすくなるということは日常生活の会話もスムーズに聞き取れるようになるということにつながりますよね。

 

この調査では12週間の摂取でしたが、さらに継続して摂取することでさらなる回復効果も期待できるのではないでしょうか。

 

参照元:ミツバチ健康科学研究所

まとめ

加齢とともに起こる老人性難聴は、完治することは難しいですが、対策することで進行を遅らせたり、改善するケースも今はあります。反対に放っておくとどんどん進行してしまうので早めに対策をしましょう。

 

そのために必要なのは

 

  • 栄養バランス
  • 自律神経を整える
  • 血流のアップ

 

です。食事を見直したり、運動をしたり、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

 

また、蜂の子にはこの3つの効果が期待できます。もちろん、これだけ摂取していればOKというものではありませんが、生活習慣の改善と共に摂取してみることをおすすめします。

 

蜂の子はそのまま調理して食べることもできますが、健康習慣として毎日摂取するにはサプリメントが手軽でおすすめです。

 

蜂の子サプリの一覧比較表

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事