蜂の子はメニエル病に効果あり?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

蜂の子はメニエル病にいいって本当?耳鳴り、めまい、難聴に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 9分

蜂の子はメニエル病にいいって本当?耳鳴り、めまい、難聴に!

 

激しい回転性のめまいや耳鳴り、難聴などをくりかえすメニエル病。いつ発作が起きるのかわからないですし、辛い病気ですよね。

 

薬だけでは根本的な治療にならないといわれていて、治りにくい病気というイメージがあるかもしれません。ですが、蜂の子はめまいや難聴、耳鳴りなどのメニエル病の症状が緩和すると評判です。辛い症状が少しでも良くなるのなら試してみたいと思いませんか?

メニエル病ってどんな病気?

そもそもメニエル病というのはどういう病気なのでしょうか。

メニエル病とは?

メニエル病とは、めまいに伴う耳鳴りや耳の閉そく感、難聴などをくり返す病気です。内耳のリンパが増え水ぶくれになっていることが原因で症状が起こります。

 

内耳には蝸牛と三半規管、耳石器がありますがどちらが強く水ぶくれになるのかで症状が変わってきます。

    • 蝸牛:耳が詰まった感じや、難聴が起こり、水ぶくれがひどくなると難聴が起こる
    • 三半規管・耳石器:めまい


一度強いめまいがあっただけではメニエル病と診断されません。メニエル病と診断されるまでには詳しい問診や検査があります。

  • めまいと難聴を伴う
  • めまいを何度も繰り返す

というのがメニエル病の診断基準です。また、めまいのみ、耳の症状のみの場合は「メニエル病否定形例」といいます。

 

参照元:井上耳鼻咽喉科

メニエル病の原因は?

メニエル病は内耳が水ぶくれになっている状態ですが、なぜ水ぶくれになってしまうのかはハッキリ分かっていません。

 

ですが、ストレスや睡眠不足、疲労などが原因で自律神経が乱れることによって起こるのではないかといわれています。ですから投薬治療などだけでは完治せず、ストレスなどを取り除くために生活習慣の改善が大切だといわれています。

 

めまいといえばメニエル病、というイメージがある人も少なくないと思いますが、実際にメニエル病の患者数はそれほど多くはありません。とはいえ、症状に心当たりがある人は一度検査をしてもらうことをおすすめします。

 

メニエル病は放っておくと悪化してしまいますので、早期発見が大切です。メニエル病かも?と思ったら一度耳鼻科を受診してみてください。

 

参照元:ヘルスケア大学

なぜメニエル病に蜂の子がいいの?

メニエル病に蜂の子がいい理由

 

メニエル病の治療には、投薬の他に生活習慣の改善が大切ですが、蜂の子を摂取することも改善に役立つといわれています。

蜂の子とは?

蜂の幼虫やさなぎです。虫を食べるというとどうしてもテレビの罰ゲームなどが浮かんでしまうかもしれませんが、栄養バランスに優れていて昔から滋養強壮にいいと、タンパク源として重宝されてきました。

 

蜂の子には

    • 9種の必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸
    • ビタミン
    • ミネラル
    • 脂肪酸


などがバランスよく含まれているんです。普段不足しがちな栄養素を補うことができるので、健康にいいんですね。

 

世界各国、そして日本でも長野県や岐阜県などの山間部で昔から郷土料理として食べられています。とはいえ、簡単に手に入るものでもないですし毎日摂取するのは大変です。ですから今はサプリメントで蜂の子を摂取する人が多いです。

 

サプリメントなら味や見た目も気になりませんし摂取しやすいですよね。

 

こちらのサイトでサプリを比較しています:

http://hachinoko.jp/

蜂の子がメニエル病にいい理由!

蜂の子にはたくさんの栄養素が含まれています。メニエル病の原因として考えられる、ストレス、疲労、自律神経にいい成分も含まれているんですよ。

 

ストレス解消:カルシウム、チロシン

疲労回復:ビタミンB1、鉄

体力アップ:アミノ酸全般

自律神経を整える:トリプトファン

 

また、亜鉛やマグネシウムといった聴力に直接関係する栄養素も含まれています。これだけの栄養素が含まれているのですから、メニエル病にいいというのも納得ですよね。

 

参照元:みつばち健康科学研究所

メニエル病に対する臨床実験も

メニエル病に対する実験

 

岐阜大学医学部付属病院の青木淳教授の研究グループは、蜂の子による耳鳴りや聴力の改善効果を調べる実験を行いました。

 

耳鳴りを伴う難聴患者60名を二つのグループに分け、

1つのグループには:酵素分解蜂の子()を1日720mg×4カプセル

もう1つのグループには:何も入っていない偽カプセル

を12週間摂取してもらいました。

 

問診、聴力、血液検査を小なった結果、蜂の子を摂取していたグループは

  • 聴力の回復
  • ストレスホルモン「コルチゾール」の値が低下
  • 耳鳴りによる抑うつ感の軽減

などが見られました。

 

つまり、この実験から蜂の子はストレスホルモンであるコルチゾールの活動を整え、耳鳴りや難聴の症状を回復させる可能性があるということが分かったのです。メニエル病もストレスが原因だと考えられるので症状の緩和が期待できますね。

 

※蜂の子のたんぱく質をペプチドやアミノ酸の状態に分解したもの

 

参照元:ミツバチ健康科学研究所

まとめ

メニエル病とは、耳鳴りや難聴を伴う強いめまいをくり返す病気です。内耳が水ぶくれになっていることで症状が起こります。

 

なぜ内耳が水ぶくれになってしまうのか、はっきりした原因は分かっていませんがストレスや疲労により自律神経が乱れていることが関係しているといわれています。ですからメニエル病を完治させるには、生活習慣を改善して、自律神経を整える必要性があります。

 

メニエル病になってしまったら、病院に通うことはもちろん大切ですが治療と併用して蜂の子を摂取するといいと注目されています。

 

蜂の子にはアミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいるため

・ストレスの軽減

・疲労回復

・聴力の改善

などの効果が期待できます。

 

蜂の子は元々そのまま調理して食べられていましたが、最近ではサプリメントもたくさん販売されています。毎日の健康習慣にするにはサプリメントが摂取しやすいのでおすすめです。

蜂の子サプリを一覧で比較するならこちら:

蜂の子サプリの一覧比較表

 

蜂の子はメニエル病の場合だけでなく、めまい、難聴、自律神経失調症などにも効果的だといわれています。それぞれの症状にいい理由はこちらの記事でご紹介しています。

 

耳鳴り:蜂の子は耳鳴りに本当に効果的なの?

自律神経失調症:蜂の子は自律神経失調症に効果的?めまいや冷え性などで悩む人に!

難聴:蜂の子は突発性難聴にも効果があるの?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事