耳鳴りに漢方は効果ある?病院で処方される?市販品でも大丈夫?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

耳鳴りに漢方は効果ある?病院で処方される?市販品でも大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 9分

耳鳴りに漢方は効果ある?病院で処方される?市販品でも大丈夫?

 

病院に通っているけれど耳鳴りがなかなか良くならない、という人も多いと思います。

 

西洋医学の治療で良くならない場合は、東洋医学を取り入れてみてはいかがでしょうか?鍼灸なども人によっては効果が出るのでおすすめですが、漢方もいいんですよ。

 

とはいえ漢方薬はどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。病院で処方してもらえるのか、市販品でも効果があるのかなどについてお話ししていきます。

耳鳴りと漢方薬

耳鳴りで耳鼻科に通っていて、耳や脳には異常がないのにちっともよくならないという人も多いと思います。西洋医学は原因がわかっている病気には強いですが、はっきりした原因が分からない症状には弱いのです。

 

漢方薬を使用するのは西洋医学ではなく東洋医学です。東洋医学の場合は耳鳴りを体の一部の異常ととらえるのではなく、体全体のバランスが崩れたために出ている症状だと考えています。体全体を診ていくことで耳鳴りの症状も緩和していきます。

 

とくに、自律神経失調症や更年期障害、メニエール病などが原因で耳鳴りが起きている場合、漢方薬で症状が改善する可能性が高いです。

 

東洋医学は漢方薬以外に鍼やお灸などを使った診察もします。鍼やお灸も耳鳴りの改善効果が期待できます。

 

病院で処方されることはある?

病院で漢方は処方される?

 

西洋医学の病院でも、漢方薬を処方してくれることがあります。私も、耳鳴りの症状ではないですが、大学病院で漢方薬を処方されたこともありますよ。

 

漢方薬を処方してくれるお医者さんは下記のサイトでも調べることができます。

 

漢方のお医者さん探し

 

漢方のお医者さん探し

他には、薬剤師のいる漢方薬局で相談してみるのもおすすめです。

 

漢方薬は本来、1人1人の症状によって生薬を配合するものです。ですが、現在はすでに配合されてあるものを使うことが多いです。

 

耳鳴りにいい漢方薬もいくつか種類があります。漢方薬は、本来副作用はありません。ですが、自分に合わないものを使用すると悪化してしまう可能性もあります。自己判断で始めるよりも、お医者さんや薬剤師さんに相談してから始めることをおすすめします。

市販品のおすすめは?

耳鳴りで処方される蜂の子には以下のものがあります。ツムラやクラシエなど市販品でも取り扱いがありますので自分に合いそうなものを探してみてください。

 

漢方名をクリックで詳しいリンク先に飛びます

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

細かいことが気になってしまう方、イライラして思い悩んでしまう方、なかなか眠れない方におすすめの漢方です。自律神経失調症やメニエール病、うつ病、更年期障害。そして動脈硬化や高血圧による耳鳴りにも効果的です。

 

ストレスが溜まっていることを東洋医学では「気」が溜まっていると考えます。柴胡加竜骨牡蛎湯は、木を巡らせて体の中の熱を覚まし、心を落ち着かせる効果が期待できます。

 

ストレスを取り除いて自律神経を安定させるので耳鳴りへの効果も期待できます。

 

メニエール病の方におすすめの漢方はこちらの記事でも紹介しています:

メニエール病の薬にはどんな種類があるの?市販薬から漢方薬までご紹介!

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯と名前が似ていますが、似たような生薬を使用しているためです。

柴胡加竜骨牡蛎湯は不眠の方向けですが、柴胡加竜骨牡蛎湯は少し違い、些細なことが気になるタイプにおすすめです。パニックになりやすい人や、精神的にストレスを感じやすい人に用いられます。

 

「気」だけでなく「血(けつ)」のバランスを整えることで心を落ち着かせます。自律神経も整うので耳鳴りへの効果が期待できます。

真武湯(しんぶとう)

新陳代謝が衰えていて腹痛や下痢を起こしやすい人、手足が冷えて疲れやすい人、高血圧や低血圧の人に用いられる漢方です。メニエール病による耳鳴りの症状にも効果が期待できます。

 

体の冷えやむくみ、めまいなどがある人は体に水分が溜まっていると考えられます。水の停滞を解消することで耳鳴りの症状も緩和する効果があります。

釣藤散(ちょうとうさん)

高血圧や動脈硬化による耳鳴りや、頭痛、肩こり、めまい、不眠などがある人におすすめです。

 

「気」の上昇を抑え、「気」や「血」のめぐりを整えることで耳鳴りの緩和も期待できます。

八味丸(はちみがん)/八味地黄丸(はちみじおうがん)

高齢の方に処方されることが多い漢方です。体力があまりなく、疲労や倦怠感が激しい人に使われる漢方です。

 

特に、寒がりで手足や腰から下が冷える人にはお勧めです。加齢による耳鳴りだけでなく、腰痛、かすみ目、頻尿、残尿感などの症状にも用いられます。

 

 

このように耳鳴りに効果的な漢方薬はたくさんあります。ですが自分にはどれがあっているのかわからないという人も多いと思います。繰り返しになりますが、合わないものを飲み続けていると悪化したり、副作用が出たりすることがあります。市販品でも効果は期待できますが、自己判断せずにまずはお医者さんや薬剤師さんに相談し、自分に合うものを選ぶことをおすすめします。

 

実際に漢方薬を飲んだひとの評判はこちらの記事でご紹介しています:

漢方で耳鳴りが治った人はいる?口コミをご紹介!

蜂の子も効果がある?

耳鳴りに蜂の子が効果あり?

 

漢方薬を試してみたいけれど、お医者さんや薬剤師さんに相談するとなると気軽に試せなくて面倒だと思われる方もいるかもしれません。

 

そんな方は健康食品の蜂の子を試してみてはいかがでしょうか?蜂の子は昔から漢方薬の材料にも使用されていて栄養価が高く様々な効能効果が期待できます。

 

ストレスの緩和や自律神経の調整、耳鳴りにも効果があるといわれていますので一度ためしてみてもよいのではないでしょうか。

 

薬ではありませんが、その分副作用などの心配もなく気軽に試せますよ。

 

まとめ

病院に行っても耳や脳に異常がないが耳鳴りが治らないという人には漢方薬を試してみるのもおすすめです。

 

漢方薬は耳鳴りの症状はなぜ起こっているのか、体全体で考えてくれます。飲めばすぐに良くなるというものではありませんが、耳鳴りだけでなく他の不調も改善する効果が期待できますよ。

 

漢方薬はドラッグストアやネットショップなどでも手に入りますが、合わないものを飲み続けていると、かえって不調が出てしまうこともあります。まずは漢方の取り扱いのある病院や漢方薬局で自分に合ったものをみつけることをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事