突発性難聴は再発する?反対側で発症するのを予防するには?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

突発性難聴は再発する?反対側で発症するのを予防するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 9分

突発性難聴は再発する?反対側で発症するのを予防するには?

 

病気は完治しても、再発することがあるので油断できないですよね。突発性難聴の場合、再発することはあるのでしょうか。中には片耳の聴力を完全に失ってしまう人もいますので、反対側の耳でも難聴が起こったら・・・と心配になりますよね。

 

このページでは突発性難聴の再犯の可能性と、予防方法について見ていきましょう。

再発の可能性は?

一度病気になるとその病気がまた再発しないかどうか心配になりますよね。

 

突発性難聴は、原因がハッキリ分かっていない病気です。ですから治療方法も確実なものはなく、難病に指定されています。色々と分からないことが多い病気ですが「再発することはない」といわれています。

 

原因が分かっていないため、なぜ再発しないのかという理由もはっきりわかっていません。初めに「突発性難聴」と診断されても、再発した場合は他の病気である可能性が高いです。詳しくは後ほどご説明します。

 

参照元:EO健康

反対側で再発することはある?

反対の耳で突発性難聴が再発する可能性は?

 

突発性難聴はほとんどの場合片側の耳で起こります。突然片方の耳だけが聞こえづらくなることが多いですが、まれに両耳で同時に発症することもあります。

 

また、片側の耳の治療中に反対側の耳で発症するということもあります。ですが可能性は極めて低いです。交通事故に2回続けて遭うくらいの確率だそうです。

 

突発性難聴で片耳の聴力を失ってしまう人も少なくありません。片耳が聞こえなくなってしまうと、もう片方の耳は大丈夫だろうかと心配になると思いますが、再発の可能性は少ないので心配しなくて大丈夫ですよ。

 

気にしすぎるとかえってストレスになってしまうので、できるだけ気にしないようにするのが一番です。再発予防の方法については最後の章で説明しますね。

 

また、難聴は突発性難聴だけとは限りません。片耳の聴力が弱くもしくは完全に失ってしまうと反対側の耳に負担がかかります。それによって老人性難聴が進行しやすいという可能性も否定できません。一度突発性難聴にかかってしまったら、完治しても耳をいたわる生活をしたほうが安心ですね。

他の病気の可能性も!

突発性難聴は基本的には一度しかかからない病気です。難聴と同時にめまいが起こることもありますが、めまいをくり返す、ということはありません。

 

繰り返し起こる場合は他の病気の可能性が高いです。実際に「突発性難聴」と診断された後にもう一度同じような症状が起こり、もう一度病院に行ったら別の病名を告げられたという人も少なくありません。

 

突発性難聴はハッキリした原因が分かっていないので定義が難しい病気なのです。突発性難聴と間違われる病気は主に2つあります。

メニエール病

回転性のめまいと、難聴、耳鳴りなどの発作をくり返す病気です。発作の頻度は人によって異なり、1回起こったら次は数年後ということもあれば、数日後に起こる場合もあります。進行性の病気で進行すると発作がひどくなったり、発作の間隔が短くなったり、発作が起こらなくても耳鳴りがしたりすることがあります。

 

突発性難聴でもめまいが起こることはありますが、起こるのは一度だけです。めまいをくり返す場合はメニエール病の可能性があります。

 

低音障害型感音難聴

突発性難聴の一種とも呼ばれていますが、難聴が繰り返し起こるのが特徴です。難聴よりも耳鳴りや耳の閉塞感を感じる人が多いです。名前の通り、低い音が聞こえなくなったり、低い音の耳鳴りがしたりするのが特徴です。

 

低音障害型感音難聴について詳しくはこちら:

低音障害型感音難聴の原因は?再発することもあるの?

 

 

他には、

    • 両耳で発症し進行性である「突発性両側性感音難聴」
    • 突発性難聴と症状の似ている「外リンパ瘻」
    • 腸神経にできる「聴神経腫瘍」


という可能性もあります。

 

突発性難聴には再発がないから、と安心せずまた耳に異変を感じたときはすぐに病院を受診しましょう。どの病気だとしてもできるだけ早く治療を開始することが大切です。

 

参照元:EO健康

再発予防の方法は?

突発性難聴の再発予防のために

 

突発性難聴の再発を防ぐには、ストレスや疲労を溜め込まないことが大切です。実際に突発性難聴を発症する人は、ストレスや疲労がたまっている人が多いといわれています。

 

また、メニエール病や低音障害型感音難聴にもストレスは大きく関わっているといわれていますので、他の病気の予防や進行を防ぐことにもつながります。

 

具体的には

    • きちんとした睡眠をとる
    • 適度に運動をする
    • バランスの良い食事を心がける
    • 規則正しい生活を送る
    • ストレスをため込まない


などが大切です。

 

とはいえ、規則正しい生活を送るというのは簡単なようで難しいですよね。ストイックにやりすぎるとかえってストレスになってしまうこともあるので気を付けましょう。できることから少しずつ取り入れていきたいですね。

 

バランスの良い食事を行うことで、耳にもしっかり栄養が行き届くようになるので老人性難聴を予防する効果も期待できますよ。

 

食事だけで栄養を摂るのが難しい場合は、サプリメントを取り入れるのもおすすめです。

    • ビタミンB群
    • 亜鉛
    • マグネシウム


などは耳にいいといわれている栄養素です。マルチビタミン・ミネラルなどでももちろん摂取できますが、蜂の子もおすすめです。

 

蜂の子にはこの3つに加え、ストレス緩和に関わるトリプトファンというアミノ酸が含まれています。実際に蜂の子で難聴や耳鳴りがよくなったという人も多いんですよ。

 

蜂の子の耳への評判について詳しくはこちら:

蜂の子は難聴に本当にいいの?実際の評判をご紹介!

まとめ

突発性難聴は再発しない病気だといわれています。ただし、まれに両耳で同時に発症したり、片耳の治療中に反対側の耳で発症することもあります。可能性としては極めて低いのであまり気にしなくてよいでしょう。

 

突発性難聴と診断された後、難聴が進行したり、めまいなどをくり返したり場合は他の病気の可能性が高いです。メニエール病や低音障害型感音難聴などは誤って突発性難聴と診断されることがあるようです。再発がないからと安心せずに、また耳に異変を感じたら速やかに病院を受診しましょう。

 

可能性としては低いですが突発性難聴の再発を予防したり、他の病気の発作や進行を抑えたり、突発性難聴の後遺症を抑えるのには、ストレスや疲労を溜め込まないことが大切です。生活を見直して少しずつでも改善してみるようにしてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事