突発性難聴はどのくらいの期間で完治する?発症までの日数で完治できる確率が変わるって本当?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

突発性難聴はどのくらいの期間で完治する?発症までの日数で完治できる確率が変わるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 9分

突発性難聴はどのくらいの期間で完治する?発症までの日数で完治できる確率が変わるって本当?

 

突然耳が聞こえづらくなる突発性難聴。完治が難しい病気だといわれていますが、実際どのくらいの確率で完治するのでしょうか。

 

また、完治する場合どのくらいの日数がかかるのか、その期間についても調べてみました。もちろん個人差はありますが、参考にしてみてください。

突発性難聴は完治が難しい?

突発性難聴は、突然耳が聞こえづらくなる病気です。なぜ、そのようなことが起こるのか原因ははっきりわかっていません。(突発性難聴の原因について詳しくはこちら:突発性難聴の原因は?ヘルペスウイルスやストレスが関係?

 

原因が分からないので、確実な治療法も見つかっていないのです。ですから難病にも指定されているんです。

完治する確率は?

実際に完治する確率はどの位なのか気になりますよね。確証的なデータではないですが、だいたい

 

  • 1/3が完治
  • 1/3は回復するが何らかの後遺症が残る
  • 1/3は治らない

 

といわれています。(参照:http://www.sdndeafness.net/cure/percentages.html

 

完治できなかったとしても、少しでも症状を軽くしたいですね。

突発性難聴の後遺症とは?

突発性難聴の後遺症として残りやすいのは耳鳴りです。難聴の症状は回復しても耳鳴りは続いているというケースも多いです。

 

後遺症の症状を緩和させるには、ストレスを緩和してリラックスしたり、耳にいいといわれている栄養を摂取したり、鍼灸治療を受けたりすると効果的だといわれています。

 

耳鳴りと鍼灸治療について詳しくはこちら:

耳鳴りに効くツボってある?手足に簡単にできるお灸は効果ある?

 

健康食品の蜂の子は、難聴や耳鳴りに効果があるといわれています。ストレスを緩和させる効果も期待できるんですよ。

 

再発の可能性はあるの?

突発性難聴が起こるのは1回だけで、再発はほとんどないといわれています。ですから、完治できたのなら安心して大丈夫ですよ。

 

ただし、突発性難聴というのは誤診という可能性もあります。もしも同じような症状が再び起こった場合は、突発性難聴ではなく、メニエール病など他の病気の可能性が高いです。再度難聴が起こった場合は、なるべく早く病院に行くようにしましょう。

 

完治までにかかる期間

突発性難聴が完治するまでの期間

 

突発性難聴の完治までの期間は、個人差があります。病院での治療は1カ月から3カ月ほどだと考えておきましょう。

 

繰り返しになりますが、突発性難聴は確実な治療法が見つかっていません。主な治療法は薬物治療になります。有効だといわれている薬を数種類組み合わせるのが一般的です。難聴がある程度進行している場合は、点滴を導入したり、入院を勧められたりするケースもあります。

 

検査を繰り返しながら、徐々に薬の量を減らしていきます。薬によっては再発防止のために長期的に服用するものもあります。

 

突発性難聴で処方される薬について詳しくはこちら:

突発性難聴の治療で薬を服用する期間は?ステロイドの副作用は大丈夫?

入院が必要なケースや日数、費用について詳しくはこちら:

突発性難聴になったら入院は必要?期間や費用はどの位かかる?

発症からの日数が完治のカギ!

治療を始めるまでの日数で完治できるか決まる

 

突発性難聴は完治が難しい病気ですが、発症からできるだけ早く治療を開始することで完治の確率が高まるといわれています。

 

発症してから2週間以内に治療を開始すれば

  • 40%が完治
  • 20%が改善

するといわれています。平均よりも10%ほど完治の確率が高まるんですね。

 

突発性難聴は文字通り、突然耳が聞こえづらくなる病気です。「いつから」とはっきりわかる場合が多いので、早期発見しやすい病気です。耳がおかしいなと思ったらすぐに病院を受診することを強くおすすめします。

 

異変を感じてその日のうちに治療を開始し、1週間ほどで良くなったという人もいるんですよ。2週間以内に治療を開始した場合の完治率は40%ですが、早ければ早いほど完治の確率は上がると考えてよいでしょう。

3カ月以上経ったら治らない!?

反対に、治療開始が遅れると、完治の確率は下がってしまいます。一般的に聴力は1カ月で固定されると考えられているんです。

 

ですから発症から1カ月経つと完治が困難になり、3カ月経つと回復は難しいといわれています。

 

病院に行くのは怖いと思うかもしれませんが、放っておくと取り返しのつかないことになってしまいます。まずは病院を受診し、できるだけ早く治療を開始しましょう!

 

3カ月経ってしまった場合でも、症状を緩和させる方法がないという訳ではありません。病院で良くならないようでしたら、鍼や漢方薬、サプリメントなどを取り入れてみるのもおすすめです。

 

難聴や耳鳴りにいいといわれている健康食品、蜂の子について詳しくはこちら:

蜂の子は耳鳴りに本当に効果的なの?

 

参照元:くさの耳鼻咽喉科

ヘルスケアPOCKET

まとめ

突発性難聴は難病に指定されていて、完治が難しい病気です。はっきりした原因が分かっていないため、確実な治療法もみつかっていないのです。

 

ですから、発症した人のうち

 

  • 1/3が完治
  • 1/3は回復するが何らかの後遺症が残る
  • 1/3は治らない

 

といわれています。

 

完治させるためには、なるべく早く治療を開始することが重要です。発症から治療開始が早ければ早いほど完治の確実はアップするといわれています。

 

突発性難聴は突然症状が出るので、気が付きやすい病気です。耳に異変を感じたら、なるべく早く病院に行きましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事