突発性難聴の原因は?ヘルペスウイルスやストレスが関係?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

突発性難聴の原因は?ヘルペスウイルスやストレスが関係?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 9分

突発性難聴の原因は?ヘルペスウイルスやストレスが関係?

 

突発性難聴とは、名前の通りある日突然耳が聞こえづらくなる病気です。何の前触れもなく症状が出るのですが、原因は何なのでしょうか。

 

ヘルペスウイルスやストレス、血流障害など考えられる原因について調べてみました。

突発性難聴の原因

突発性難聴が起こる原因は、現在のところハッキリ分かっていません。ですから、確実な治療法というのもないのです。有効だといわれている薬物を組み合わせて治療するのが一般的です。

 

 

とはいえ全く原因が分かっていないという訳ではありません。

    • ウイルス感染
    • ストレスや疲労
    • 血流障害


などが原因になっているのではないかと考えられています。今回はこれらの原因について詳しく見ていきましょう。

ウイルス感染

突発性難聴はウイルスが原因?

 

なぜ突発性難聴の原因がウイルス感染だと考えられているのかというと、風邪にかかった後に突発性難聴になることがあるからです。ウイルス性中耳炎が突発性難聴の原因になる、という考えが有力です。

 

また、治療には抗炎症作用のあるステロイド剤を使用します。炎症を抑えることで突発性難聴の症状が緩和することからも、ウイルス感染が原因ではないかと考えられているんです。

ヘルペスウイルスが関係?

突発性難聴の原因はヘルペスウイルスである、という説もあります。

 

ヘルペスといえば、唇にできる口唇ヘルペスが有名ですよね。本来、比較的浅い表層で増殖するウイルスでした。ですが最近では、ヘルペスが神経の根源や関節と関節の間など体の深い場所で増殖してしまうことがあるようです。

 

突発性難聴とヘルペスの関係はこのように考えられています。

 

  1. 風邪などの感染症で抗生物質、抗炎症剤、ステロイド系の薬を服用すると白血球の働きが制限される。
  2. ヘルペスウイルスが聴覚神経上に増殖する
  3. 薬の服用を辞め、白血球の働きが活性化し、ヘルペスウイルスを攻撃する。
  4. ヘルペスウイルスを攻撃する際に聴覚神経も同時に攻撃してしまうため、急性の難聴になる。

 

こちらはまだ医学的に証明されているわけではなく一説ですが、納得はできますよね。

 

参照元:ヘルスケア大学

病気の治療所

ストレスも関わる?

突発性難聴はストレスが関係している?

 

突発性難聴の原因としてもう1つ考えられているのはストレスです。突発性難聴に限らず、内耳が原因で起こるトラブルはストレスが原因ではないかと考えられているんです。

 

ストレスというのは、精神的なものだけでなく、肉体的なものも含まれます。実際に突発性難聴を発症した人は、精神的ストレス、肉体疲労、睡眠不足などを抱えていたケースも見られます。

ストレスが自律神経のバランスを乱す

ストレスが溜まっていると、自律神経のバランスが悪くなってしまいます。自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つの神経のことをいいます。

 

普段なら

 

活動している時:交感神経が優位

休んでいる時:副交感神経系が優位

 

になります。ですがストレスを感じていると夜、休息する時間になっても交感神経が優位になったままです。

 

交感神経が優位になったままだと、眠っても疲れが取れなかったり、よく眠れなかったりということが起こります。寝ている間に体がしっかり休まらないのでさまざまなトラブルが出てきてしまいます。

 

突発性難聴の場合は、ストレスによって血管がけいれんし、内耳の循環障害が起こると考えられています。ですが、こちらも因果関係ははっきりわかっていません。

 

突発性難聴の治療には「安静」が最も大切だといわれているのも、ストレスが関与していることが考えられますね。

 

参照元:ヘルスケア大学

血行障害で起こる可能性も

もう1つ考えられている原因は血行障害です。

 

内耳の血管で血栓、出血、麻痺などが起こっているため、内耳の血流が妨げられ、内耳に必要な栄養がしっかり届かないことが原因で起こる、という考え方です。ただし、血流障害との関係もまだ明確になっていません。

 

突発性難聴は再発することがほとんどないため、血流障害との因果関係を説明するのが難しいようです。

 

血流障害が起こる原因には

    • ストレス
    • 肩や首のコリ


などが考えられます。

 

突発性難聴の治療には、鍼も有効だといわれています。鍼治療では実際内耳に血液が届くように治療を行います。肩こりの治療とほとんど変わらないという人もいます。また、血行を浴する薬が処方されることもあります。

 

因果関係は分かっていませんが、血行を良くすることで症状が改善するのであれば、血流障害も何らかの関係があると考えられますね。

 

参照元:ヘルスケア大学

まとめ

突発性難聴の原因はハッキリ解明されていません。因果関係は分かっていませんが、

    • ウイルス感染
    • ストレス
    • 血流障害


などが関係しているのではないかといわれています。

 

ウイルス感染は風邪などのウイルスが関係しているという説と、ヘルペスウイルスが関係しているという説があります。

 

原因がハッキリわからないと予防も難しいですが、ストレスをため込まず、規則正しい生活を送ることで予防できる病気なのかもしれませんね。

 

また、原因がハッキリ分かっていないので、確実な治療法というのもまだ見つかっていません。ですが、

    • ステロイド剤の投与(ウイルスの撃退)
    • 安静(ストレスの軽減)
    • 血行促進剤・鍼治療(血流障害の緩和)


などが有効な治療だと考えられています。

 

 

突発性難聴には健康食品の蜂の子も有効だといわれています。

 

蜂の子には、難聴、ストレス緩和、疲労回復などに効果的な成分が含まれています。病院での治療と併用して試してみるのもおすすめです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事