突発性難聴の初期症状をチェック!耳鳴りや耳の詰まりが前兆?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

突発性難聴の初期症状をチェック!耳鳴りや耳の詰まりが前兆?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 10分

突発性難聴の初期症状をチェック!耳鳴りや耳の詰まりが前兆?

 

突然耳が聞こえづらくなる突発性難聴。堂本剛さんや浜崎あゆみさんなど芸能人で発祥している人も少なくないので、名前は知っているという人も多いでしょう。

 

突発性難聴は発症から治療までの期間によって完治の確率も変わってくるといわれています。それだけ、早く治療を開始することが大切だということです。

 

早く治療を開始するためにも、突発性難聴の初期症状を見逃さないようにしたいですね。耳鳴りや耳の詰まりなど突発性難聴の初期症状について見ていくので、チェックしてみてください。

突発性難聴とは?

文字通り、耳が突然聞こえづらくなる病気です。いつ聞こえづらくなったのか、はっきり自覚できるほど突然起こるのが特徴です。ただし、中には症状が軽く難聴が起こっていると気が付きにくい場合もあります。

 

片耳で起こることがほとんどですが、まれに両耳で同時に起こることもあります。

 

原因は、ストレスや血行障害、ウイルス感染などだと考えられていますが、はっきりしたことはまだわかっていません。

 

 

突発性難聴は、放置すると完治が難しくなってしまいます。早く治療を開始することで完治の確率も上がるといわれていますので、早めに病院を受診しましょう。

 

突発性難聴の治療について詳しくはこちら:

突発性難聴とは?治る病気なの?治療にかかる期間はどのくらい?

 

参照元:ヘルスケア大学

初期症状をチェックしてみよう!

突発性難聴の初期症状

 

突発性難聴になってしまったら、なるべく早く病院に行き、早めに治療を開始することが大切です。そのためには、初期症状を見逃さないようにしたいですね。

突発性難聴の症状

突発性難聴の初期症状にはどんなものがあるのか、当てはまるものはないかチェックしてみてください。

    • 耳が詰まった感じがする
    • 片耳の聞こえ方がおかしい
    • 立ちくらみやめまいがする
    • 耳鳴り
    • 吐き気、嘔吐


これが突発性難聴の症状です。

 

他の病気の場合、初期症状は風邪の症状に似ていたり、軽かったりして重症になるまで気が付かないことも多いです。ですが、突発性難聴の場合は名前の通り突発的に起こるので、すぐにおかしいと自覚できるケースがほとんど。初期症状というより、いきなり突発性難聴の本症状が起こるのです。

 

めまいや耳鳴り、吐き気は難聴が起こる前から起こることもありますが、すぐに難聴の症状も出てきます。

耳鳴りの聞こえ方は?

耳鳴りは

    • 「ピー」「キーン」という高音のもの
    • 「ボーン」「ゴー」という低音のもの
    • セミの鳴くような「ジー」という音


などさまざまな種類があります。

 

突発性難聴の場合は高温の難聴が起こっていることが多いので耳鳴りも高音のケースが多いです。ですが中には低音の突発性難聴もあり、その場合は耳鳴りも低音になります。

 

ですから、耳鳴りの聞こえ方で突発性難聴かどうかを判断するのは難しいかもしれません。

 

耳鳴りの音と考えられる病気について詳しくはこちら:

耳鳴りの種類は低音か高音かで違う?キーン、ボーン、セミの鳴くような音は?

突発性難聴かどうかの判断基準

突発性難聴かどうかは症状に加え

    • いつ起こったかはっきりわかる
    • 原因不明


というのでも判断できます。

 

逆にいうといつから聞こえづらくなったのか分からない、という場合は突発性難聴ではない可能性が高いです。また、耳に傷ができた、風邪をひいたなどの明確な理由がないのに起こるというのも特徴です。

 

参照元:看護師Life

メニエール病との違いは?

突発性難聴とメニエール病の違い

 

突発性難聴と似た症状のものにメニエール病があります。

    • 耳が聞こえにくい
    • 耳鳴り
    • めまい
    • 吐き気
    • 頭痛


などが共通した症状です。(人によって症状は異なり、すべてが起こる訳ではありません)

 

ですから、病院に行って初めは「突発性難聴」と診断されたのに、2度目に行ったら「メニエール病」だといわれたという人も少なくありません。

メニエール病の特徴

    • 回転性のめまいの発作が数十分から数時間続く
    • 発作が繰り返し起こる


というのが特徴です。

 

メニエール病の初期症状について詳しくはこちら:

メニエール病とは?初期症状を見逃さないための診断チェック!

突発性難聴の特徴

突発性難聴の場合は、

    • 必ずしもめまいは伴わない
    • めまいの症状は一度だけで繰り返さない


という特徴があります。

 

突発性難聴の場合は、3割の人にめまいが起こるといわれていますが、めまいが起こっても一時的なもので繰り返すことはありません。

 

参照:突発性難聴とメニエール病

 

また、日によって聞こえ方が変わってきたり、徐々に聞こえづらくなったり、ということはなく初めに起こった難聴がずっと続きます。

判断基準は?

人によって症状が異なりますので、ちょっと自分では判断がつきにくいかもしれませんね。また、メニエール病だと診断されるまでには時間がかかりますので、はじめは誤って突発性難聴だと診断してしまう医師も多いようです。

 

ですが、メニエール病も早期発見、早期治療が大切な病気です。どちらにせよ、早く病院に行ったほうがいいということに変わりはありません。

 

メニエール病はしっかり診察できる医師が少ないとも言われている難病です。近所の耳鼻科に行っても病名が分からなかった、症状が改善しないという場合は病院を変えてみるのもおすすめです。

 

こちらのページでおすすめの病院を紹介しています:

メニエール病で通うならどこの病院がおすすめ?地域別にご紹介!

まとめ

突発性難聴は名前の通り、突然起こる難聴です。耳鳴りやめまいなどが難聴の前に起こることもありますが、基本的にはすぐに本症状である難聴が起こります。

 

「いつ難聴が起こった」とはっきりわかるケースが多いです。耳に急な異変を感じたときは病院に行きましょう。突発性難聴は早期治療が大切な病気です。早く治療を開始することで完治の確率も上がってくるといわれています。

 

メニエール病の症状も突発性難聴と似ていますが、どちらも早期治療が必要な病気です。自己判断せずにまずは病院を受診しましょう。

 

突発性難聴の原因はハッキリ分かっていませんがストレスなどが変わっているといわれています。病院の治療だけでなく、ストレスや疲労を回避するような生活習慣の改善も大切になってきます。

 

健康食品の蜂の子にはストレス緩和の効果があり、難聴や耳鳴りも改善するといわれているので病院での治療と併用してみるのもおすすめです。

 

詳しくはこちら:

蜂の子は突発性難聴にも効果があるの?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事