突発性難聴になったら仕事は辞めるべき?仕事復帰はいつからできる?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

突発性難聴になったら仕事は辞めるべき?仕事復帰はいつからできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 12分

突発性難聴になったら仕事は辞めるべき?仕事復帰はいつからできる?

 

突発性難聴になったら仕事は辞めたほうがいいのでしょうか?

 

退職、休職などの選択肢がありますが、実際に発症した人はどんな選択をしているのか見てみましょう。

 

また、復帰のタイミングについてもお話しします。

突発性難聴になったら仕事はどうする?

突発性難聴になってしまったら、仕事はどうしたらいいのでしょうか。難聴の程度にもよりますが、仕事に支障が出てしまうこともありますよね。

 

また、突発性難聴の治療には安静が大切だといわれています。ですから、できることならしばらく会社はお休みしたいものです。

辞めることはできる?

難聴を理由に仕事を辞められるのかどうかは、会社によっても変わってきます。中には退職を申し出ても引き留められるという人もいます。

 

ですが、自分の体のことですので最終的には自分で判断しましょう。仕事が負担に感じるのであれば退職するのも一つの手です。無理して仕事を続けてさらに悪影響があってはいけないですしね。

 

また、仕事自体が突発性難聴の原因になる場合もあります。詳しくは後半で説明します。

 

反対に仕事を続けたいという意思があるのであれば、無理に辞めることはありません。会社と相談して続けていけるといいですね。

休職という手も!

とはいえ、突発性難聴は初期の治療が最も大切です。できるのであればはじめはしばらく仕事を休んで治療に専念することをおすすめします。それによって完治するかどうかも変わってきてしまいます。もしも医師に入院を勧められたのであれば、しばらく仕事を休んで入院することをおすすめします。

 

 

実際に突発性難聴でしばらく仕事を休んだという人もたくさんいます。

 

私は入院設備の無い個人病院で診察をしてもらいました。

通院でのステロイドの飲み薬による治療と、別病院へ入院しての点滴によるステロイドの投薬の選択を迫られました。

私の場合は入院による点滴投薬を選択しましたので、仕事は1週間程度休み(有給休暇)ました。(点滴での投薬のほうが効果が期待できると判断したため)

 

突発性難聴は、早期に適切な治療を始めないと完治する可能性が低くなるようです。経口での投薬と点滴での投薬に、どれだけの効果差があるのかはわかりませんが、後で後悔することのないように、医者とよく相談して最善の治療をすぐに始めるべきだと思います。少なくとも当面は治療優先で、仕事を休むことも含めて安静に生活すべきだと思います。

 

引用元:Yahoo!知恵袋

 

突発性難聴でまだ一週間なら外出するのも危ないでしょう。私はプレドニンが入っている間はほとんど寝たきりでした。

聴力は少しは戻りましたか?入院した方がいいんじゃありませんか?

仕事なんかやめても、聴力さえ戻ればまた働けます。

上司に病状をきちんと話して一ヶ月は治療に専念させてもらいましょう。

私も右耳が聞こえが悪いままです。でも全く聞こえない頃よりずっとましです。

仕事も会社も腐るほどあります。自分の身体の方を大事になさってください。

 

引用元:Yahoo!知恵袋

 

もちろん会社によっては休みづらいということもあると思いますが、体が一番大切です。後悔しないように特に初期はなるべく休むようにすることをおすすめします。

復帰はいつからできる?

仕事への復帰はいつからできる?

 

症状の回復には個人差があります。回復して聴力が戻ってきたのならもちろんその時に復帰するのもよいでしょう。突発性難聴の治療は初期が最も重要です。できることなら初めの3カ月は治療に専念し、それ以降に復帰するのがよいかもしれませんね。

 

ストレスが関わっている病気だといわれていますので、無理をしないで働ける時期に復帰すればいいと思います。

 

ただし、中には仕事を休んでいることがストレスになる人もいます。どの程度まで回復したら復帰すべきかというのは自己判断になってしまいます。

完治しなくても復帰できる?

しばらく治療を続けたけれど、完治しないということは少なくありません。突発性難聴の完治率は全体の1/3ほどだといわれています。

 

 

完治しなかった場合は仕事を辞めなくてはいけないのか、といったらそんなことはありません。うまく突発性難聴と付き合いながら仕事を続けている人もたくさんいます。

 

7年ほど前に発症しました。

私も早期に治療しましたが、結局、聴力は元通りにはなりませんでした。

 

私は一ヶ月半で仕事復帰しました。

話しかけるときはこっちの方向からお願いします、とか、音の出てる方角がわからないんです、とか職場の人には状況を話しておきました。

私は左耳だったので、電話を取る業務がちょっと大変でしたね。受話器を左手で持って右手でペンをとる、ということができなくなったので。

あと、自分の電話が鳴ってるのか隣の電話が鳴ってるのか、最初よくわからなかったです。

 

慣れますよ。だんだんと。

私は今となっては、耳鳴も方耳が聞こえないことも、普段忘れてることがあります(笑)。けっこう激しいんですけどね、耳鳴り。

 

十分今までどおり生活できますよ。完全に治らなかったとしても。

仕事も耳を使う仕事(音楽家とか)以外なら大丈夫じゃないかな。

だから、「もう少し生きていくことに望みを持って…」なんて言わず、もっと前向きになって下さい!

 

私も数年前に突発性難聴になり、現在も片耳がほとんど聞こえませんが職場復帰して元気にやってます。当時は、離婚して2年目。私は息子を一人で育てています。これからどうやって子供を育てていけばいいか不安でたまりませんでした。退院後、仕事をしながら夜は中学生だった息子につきあってもらい聞こえる方の耳で聞きながら、口の動きでしゃべってる内容がわかるように読み取る訓練をしました。片耳は普通に聞こえるものの、話しかけられる角度などで聞き落としたり、はっきりしゃべらない方の場合はよく聞き取れない、いうことがあったからです。そして、今、息子は国立医学部の2年生。将来は耳鼻科医になって私の耳を治してくれるそうです。あの時はほんとうに苦しかったけど、今では息子が医者になる為に神様は私の耳を聞こえなくしたんだと思っています。ちなみに、数年たつと慣れますよ、雑音。海のそばが電車のすぐ脇で暮らしていると同じ。頑張って!

 

引用元:発言小町

 

初めは片耳が聞こえないことに戸惑いを感じると思いますが、徐々に慣れてくるんですね。片耳が聞こえないからといって仕事ができないという訳ではないので、あきらめないでくださいね。

突発性難聴とうまく付き合っていくには

突発性難聴が完治しなかった場合でも、食事や睡眠などに気を付けることで耳鳴りなどの症状が緩和することがあります。なるべくストレスを溜めないように心がけ、栄養をしっかり摂るように過ごしてください。

 

食事だけで栄養バランスを整えるのが難しい方はサプリメントもおすすめです。マルチビタミン・ミネラルなどでもいいですし、蜂の子もおすすめです。

 

蜂の子は耳にいいといわれているビタミンB12や亜鉛、マグネシウムなどを含んでいます。またストレス緩和にもいいといわれているんですよ。

 

 

また、西洋医療で良くならなかったら東洋医療の鍼などを取り入れてみるのもおすすめです。

 

仕事が原因になっている場合も

仕事が原因で突発性難聴に?

 

突発性難聴を発症する人には、ストレスや疲労がたまっている人が多いといわれています。ストレスや疲労の原因が仕事にあるという人も多いのではないでしょうか?

 

ハードワークで体に負担をかけているのなら、思い切って転職してみるという選択肢もあります。実際に難聴を機に転職をしたという人も少なくありません。

 

私の職場にあなたと同じように方耳の聴力をほぼ失くした方が働いています。

 

その原因であった、ストレスの、ハードワーク、高ストレス、高級の正社員の仕事を辞めたそうです。

 

そして、前の職の半分以下の給料の派遣社員としてずっと働いています。

スキルは求められるものの、責任を負わなくてよく、残業もなく、

お金はないものの、趣味もできる、体調によりお休みもしやすい仕事です。

 

引用元:発言小町

 

仕事がストレスになっていたり、難聴の程度がひどかったりする場合はうまく難聴と付き合って仕事のできる会社を探すというのも考えたほうがいいかもしれませんね。

 

無理を続けていると難聴以外の病気を発症してしまうという可能性もあります。仕事も大切ですが、体を一番に考えるべきなのではないでしょうか。

まとめ

突発性難聴にかかってしまったからといって、仕事を辞めなくてはいけないということはありません。ただし、初期は治療に専念したほうが完治率も高まるので、なるべく休んだほうがいいでしょう。

 

聴力が回復すればもちろん仕事復帰できます。中には回復しなかったけれど仕事復帰をしている人もいます。職種にもよりますが、片耳の聴力を失ったからといって仕事ができなくなる訳ではありませんので、あきらめないでくださいね。

 

ただし、仕事のストレスや過労で突発性難聴を発症するという人も少なくありません。今の仕事に負担を感じるのであれば、退職や転職も検討してみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事