感音性難聴の原因はストレス?どんな人がなりやすい?子供や高齢者でもかかることはあるの?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

感音性難聴の原因はストレス?どんな人がなりやすい?子供や高齢者でもかかることはあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 10分

感音性難聴の原因はストレス?どんな人がなりやすい?子供や高齢者でもかかることはあるの?

 

いま最も多い難聴ともいわれている「感音性難聴」。その原因は何なのでしょうか。ストレスが関係しているともいわれていますがそのメカニズムは何なのでしょうか。

 

また、どんな人がかかりやすいのか、子供や高齢者はどうなのかについてもご説明していきます。

感音性難聴の原因

感音性難聴の原因

 

難聴には様々な種類がありますが、まずは大きく感音性難聴と伝音性難聴に分かれます。この2つはトラブルが起こっている場所によって名前が変わり、

    • 外耳・中耳のトラブル:伝音性難聴
    • 内耳・神経のトラブル:感音性難聴


と分類されます。

 

伝音声難聴の場合、外傷など原因が分かりやすいのですが、内耳や神経のトラブルがなぜ起こっているのかははっきりわかっていないケースが多いのです。ですから、伝音性難聴にくらべ感音性難聴の方が治りにくいことが多いです。

 

感音性難聴と伝音声難聴の違いについて詳しくはこちら:

感音性難聴とは?伝音声難聴との違いは何?

ストレスが関わっている?

感音性難聴の中でも、

    • 老人性難聴:加齢が原因
    • 騒音性難聴:大きな音を聞き続けていることが原因

と原因がハッキリわかるものもあります。

    • 突発性難聴 (詳しくはこちら
    • 低音障害型感音難聴 (詳しくはこちら
    • メニエール病 (詳しくはこちら

などは原因がハッキリ分かっていません。

 

ですが、

    • ストレス
    • 疲労
    • 血行不良
    • ウイルス感染

などが原因ではないかと考えられています。

 

感音性難聴の種類についてはこちらでご説明しています:

感音性難聴ってどんな症状?難聴のチェックリストを見てみよう

ストレスと難聴の関係

普段私たちが活動している時は、交感神経

夜リラックスする時は副交感神経

が優位になります。この2つを合わせて自律神経といいます。

 

ストレスを感じていると夜になっても交感神経が優位になったままになってしまいます。そうすると眠れなくなったり、寝ても疲れが取れなかったりという状態になります。この状態を自律神経失調症といいます。

 

自律神経失調症になると

    • 血行不良
    • 冷え
    • 頭痛
    • 体のコリ
    • めまい
    • だるさ

など体にさまざまな不調が出てしまいます。そして人によっては耳への不調が出てきてしまうのです。

 

ストレスは精神的なものだけでなく、肉体的なストレスも含まれます。難聴を予防、改善させるにはストレスや疲労を取り除くことが重要になってくるんです。具体的な対策方法は後半でご説明しますね。

感音性難聴になりやすい人は?

ストレスや疲労が原因で起こる感音性難聴は

    • 仕事の疲労がたまっている人
    • ストレスを感じやすい人
    • 睡眠不足の人

などが起こりやすいです。

 

ですが、高齢者や子供がかかることもあります。

高齢者がかかりやすいのは?

高齢者は、突発性難聴、メニエール病などになることはまれです。ですが、老人性難聴は文字通り加齢による難聴ですので高齢者に多いです。

 

老人性難聴は両耳で同時に起こり、高音から少しずつ聞こえにくくなります。自覚症状が出るのは50代、60代頃からですが、実は20代から少しずつ聞こえなくなってきているんです。

 

進行具合は個人差があります。加齢によるものというと改善は難しいのかなと思われるかもしれません。ですが、進行を抑えたり、症状を改善したりすることは可能です。

 

健康食品の蜂の子は老人性難聴に効果があるといわれていますので、チェックしてみてください:

蜂の子は老人性難聴に効果があるの?

子供がかかることもある?

子供でも感音性難聴に?

 

子供でも感音性難聴になることはあります。

先天性難聴

まず考えられるのは生まれつきの耳の障害です。毎年1,000人に1~2人難聴を持った子供が生まれているといわれています。遺伝よりも遺伝子の突然変異で難聴になってしまうケースの方が多いです。生まれつきの難聴の場合、生後6か月までに治療を開始するようにしたいです。

    • 大きな音にびっくりしない
    • 6カ月を過ぎても音のする方を向いたり、音の真似をしたりしない
    • いつも同じ方向で音を聞こうとする

などが難聴のサインになりますので、気にかけてあげるようにしてください。

心因性の難聴

子供の場合でもストレスが原因になり、突発性難聴やメニエール病などを起こす場合があります。

 

後天性の場合は早い段階で気が付いて治療を始められるかどうかが重要です。

    • テレビの音を大きくする
    • 何度も聞き返す
    • 声が非常に大きい
    • 周りの子共より言葉数が少ない


などの行動が合った場合、一度耳鼻科を受診してみることをおすすめします。

 

参照元:幼小児難聴・言語障害クリニック

ストレスを緩和させるためには

ストレスが原因で起こる難聴の場合、病院での治療に加え、ストレスや疲労を取り除くことが大切です。完治のカギにもなってきますので、とくに突発性難聴やメニエール病の場合なるべく治療に専念したいですね。

    • リラックスできることをみつける
    • ストレスを発散させる
    • 仕事を抱え込まない


など、出来ることから行っていきましょう。

 

とはいえ、ストレスを溜めないというのはなかなか難しいものです。考えすぎるとかえってストレスにもなってしまうので注意してくださいね。

 

日常生活の改善も大切ですが、健康食品の蜂の子にはストレスを緩和する効果のあるトリプトファンを含んでいます。自律神経失調症や難聴にも効果があるといわれているんですよ。

 

詳しくはこちら:

蜂の子は自律神経失調症に効果的?めまいや冷え性などで悩む人に!

まとめ

感音性難聴は伝音声難聴に比べて原因が特定できないものが多いです。

    • 騒音が原因の騒音性難聴
    • 加齢が原因の老人性難聴


などは原因がハッキリ分かっています。

 

ですが、

    • 突発性難聴
    • メニエール病
    • 低音障害型感音難聴


などはハッキリした原因が分かっていません。

 

ですが、ストレスや疲労が大きく関わっていると考えられています。難聴以外でもストレスは万病のもとになりますのでストレスや疲労を溜め込まないような生活を送るようにしたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事