低音障害型感音難聴の原因は?再発することもあるの?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

低音障害型感音難聴の原因は?再発することもあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 8分

低音障害型感音難聴の原因は?再発することもあるの?

 

若い女性に増えているという低音障害型感音難聴。突然症状がおこる難聴ですが、原因は何なのでしょうか?

 

また、再発の可能性や予防方法についてもご紹介します。

低音障害型感音難聴の原因

低音障害型感音難聴は、内耳にある蝸牛が水ぶくれになることによって起こります。ここまではハッキリ分かっているのですが、なぜ蝸牛が水ぶくれになるのかはハッキリ分かっていません。

 

ですが、ストレスによる自律神経の乱れが原因になっているのではないかと考えられています。

自律神経とは?

「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経のことをいいます。

 

通常、

  • 昼間活動している時は交感神経が優位に
  • 夜リラックスする時、眠るときは副交感神経が優位に

なることでバランスを保っています。

 

ですがストレスを感じると夜になっても交感神経が優位になったままで、副交感神経が優位になりません。ですから、寝ても疲れが取れなかったり、不眠になったりしてしまいます。

 

その状態が続くと体にさまざまな不調が出てしまいます。頭痛、肩こり、めまい、冷え、むくみなど症状はさまざまあります。内耳の水ぶくれもその症状の1つだと考えられています。

メニエール病との違いは?

同じく内耳が水ぶくれになってしまう病気にメニエール病があります。メニエール病は蝸牛だけでなく前庭も水ぶくれになっている状態です。前庭は平衡感覚に関わる場所なので、強いめまいが起こります。

 

低音障害型感音難聴の場合、めまいは起こりません。低音障害型感音難聴はめまいのないメニエール病「蝸牛型メニエール」と呼ばれることもあります。

 

メニエール病について詳しくはこちら:メニエール病とは?初期症状を見逃さないための診断チェック!

再発することもある?

低音障害型感音難聴は再発する?

 

低音障害型感音難聴は、発症してから2週間以内に治療を開始すれば、8割の人が治るといわれています。治療期間は10日ほどです。

 

治療について詳しくはこちら:低音障害型感音難聴とは?どんな治療が行われる?治るまでの期間は?

 

ですが、治った後も再発する可能性があります。全体の2~3割の人は1年から1年半以内に再発するといわれているんです。完治をしたからといって安心できない病気なんですね。

メニエール病になってしまうことも!

再発したとしてもまた数日で治るのなら問題ない、と思われるかもしれませんが、そうもいかないのです。低音障害型感音難聴は再発するごとに難聴が進んでしまいます。

 

最初に発症した時、難聴は軽度で耳の閉塞感や耳鳴りの方が気になる人の方が多いです。ですが中度から高度まで難聴が進行してしまう場合があります。難聴が進行すると、耳鳴りも大きくなることが考えられます。

 

また、短期間に何度も再発を繰り返していると蝸牛だけだった水ぶくれが前庭まで広がってしまい、メニエール病に移行する可能性も高くなってしまいます。

 

メニエール病になってしまうと回転性のめまいも起こるようになります。また完治が難しい病気だといわれています。そこまで進行してしまう前に、再発を予防しておきたいですね!

 

メニエール病は完治するのかについて詳しくはこちら:メニエール病は完治するの?実際の体験談をご紹介!

 

参照元:ヘルスケアPOKET

再発を防ぐには

低音障害型感音難聴の再発を防ぐために

 

低音障害型感音難聴の原因はストレスによる自律神経の乱れだと考えられています。ですから、完治させ、再発を防ぐにはただ症状を抑えてそれで終わりではありません。ストレスを緩和させることが大切です。日々の生活の中でストレスが溜まってしまうと、それが引き金になって再発してしまうのです。

ストレスを緩和させるには

ストレスには精神的なものの他に、肉体的なものがあります。心はストレスを感じていなくても体はストレスを感じている場合も多いんです。

 

  • 業務過多
  • 睡眠不足
  • 暑い、寒い
  • 多忙
  • 不規則な生活
  • 食生活の乱れ
  • 激しいスポーツ

 

などは肉体的なストレスにつがなります。日常生活に無理はないのか今一度考えなおしてみるのがよいでしょう。

 

また、精神的なストレスが溜まっていると感じる人は、

 

  • リラックスできる時間を作る
  • 誰かに愚痴をいう
  • スポーツで適度に体を動かす
  • カラオケで思いっきり歌う
  • 何も考えずにゆっくり休む
  • 1人の時間を作る

 

などストレス解消できる方法を見つけてみてください。

 

何がストレスになり、何がストレス解消になるのかは人それぞれです。誰かにとっていいことでも、自分にとってはかえってストレスになってしまうこともありますので、自分が楽しい!心地いい!と思えることを見つけてくださいね。

 

ストレスは難聴以外にもさまざまな病気を引き起こしてしまう可能性があります。たかがストレスと考えずに、なるべくケアしていきたいですね。

蜂の子もストレス緩和につながる?

ストレス解消というのは意識して行おうとすると難しいです。ですが、食べ物からもストレスを緩和させることが出来るんですよ。

 

健康食品の蜂の子にはアミノ酸の一種である「トリプトファン」が含まれています。

トリプトファンには

・自律神経を整えるセロトニン

・快眠に導いてくれるメラトニン

を作り出す働きがあります。ですから、ストレスによる自律神経の乱れを整えてくれる効果が期待できるんです。

 

トリプトファンは必須アミノ酸ですので、食事から摂取する必要があります。蜂の子にはトリプトファンが多く含まれているので自律神経が乱れている人におすすめなんです。

 

詳しくはこちら:蜂の子は自律神経失調症に効果的?めまいや冷え性などで悩む人に!

 

また、それだけでなく難聴や耳鳴りにも効果があるといわれています。低音障害型感音難聴の再発を防止するのにぴったりなのではないでしょうか。

 

詳しくはこちら:蜂の子で聴力はアップするの?聴力を回復させる方法とは?

まとめ

低音障害型感音難聴は、内耳にある蝸牛が水ぶくれになることによって起こる難聴です。蝸牛がなぜ水ぶくれになるのかははっきりわかっていませんが、ストレスによる自律神経の乱れが関わっているのではないかと考えられています。

 

低音障害型感音難聴は、投薬治療で8割の人が完治するといわれています。ですが、再発の可能性もある病気です。

 

再発を防止するためには、ストレスを取り除いて自律神経を整えることが大切です。日々の生活に精神的、肉体的ストレスにつながることはないか。そして、ストレスをため込んでいないか、今一度見直してみましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事