低音障害型感音難聴とは?どんな治療が行われる?治るまでの期間は?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

低音障害型感音難聴とは?どんな治療が行われる?治るまでの期間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 9分

低音障害型感音難聴とは?どんな治療が行われる?治るまでの期間は?

 

低音障害型感音難聴とは、どんな難聴なのでしょうか。最近増えている難聴で、若い女性に多いといわれています。

 

症状や治療方法、なるまでの期間などについて見ていきましょう。

低音障害型感音難聴とは

文字通り、低い音が聞こえにくくなる難聴で感音性難聴の一種です。(感音性難聴について詳しくはこちら)急性低音障害型難聴、急性低音障害と呼ばれることもあります。

 

耳の仕組み解説

 

耳の奥にある蝸牛(かぎゅう)の水圧が上がり、内リンパ液増えて内耳がむくむことで発生します。ですがなぜ蝸牛に障害が起こるのかははっきりわかっていません。ストレスなどが原因になっているのではないかといわれています。

 

また、同じように内耳がむくむことで起こる病気にメニエール病があります。メニエール病も同じように内耳がむくむのですが、蝸牛だけでなく前庭(蝸牛の上部、三半規管との間にある部分)もむくんでしまいます。前庭は平衡感覚と関係しているのでめまいの症状が起こります。

 

 

低音障害型難聴はめまいが起こらないメニエール病。「蝸牛型メニエール」と呼ばれることもあります。

 

低音障害型感音難聴の原因について詳しくはこちら:

低音障害型感音難聴の原因は?再発することもあるの?

 

参照元:日本橋大河原クリニック

どんな症状が出る?

低音障害型感音難聴の症状

    • 低い音が聞こえにくくなる
    • 低音の耳鳴りがする
    • 耳が詰まった感じがする

というのが低音障害型感音難聴の症状です。耳が詰まった感じというのは、トンネルの中に入った時や、耳に水が入った時のような感覚です。

 

症状は何の前触れもなく急に起こります。また、先ほどもお話しした通りめまいは起こらないのが特徴です。

 

自覚症状としては、音の聞こえづらさよりも耳の閉塞感や耳鳴りを感じることの方が多いです。難聴の程度は軽度のことが多いので、その他の症状の方が気になりやすいのです。補聴器が必要になるほど難聴が進行することはほとんどありません。

 

低音障害型難聴だけでなく、難聴は早期治療が大切です。聞こえづらさを感じなくても耳の閉塞感や耳鳴りを感じたら病院を受診するようにしましょう。

治療方法は?

低音障害型感音難聴の治療方法

 

低音障害型難聴は早期治療すれば完治率も上がります。発症して2週間以内なら8割の人が完治するといわれています。

 

まずは耳鼻科を受診して自分の状態を確認してもらいましょう。主な治療は薬物治療です。

 

処方される薬は、ステロイド剤やビタミン剤、血行改善薬などです。症状が軽い場合は、投薬だけで治る場合がほとんどです。それでも症状が緩和されない場合は入院をして治療をするケースもありますが、それ程多くはありません。

 

 

参照元:ヘルスケアPOKET

治るまでの期間はどのくらい?

低音障害型難聴は、発症して2週間以内に治療を開始すれば10日ほどの投薬治療で治ることがほとんどです。比較的短い期間で治るのでうれしいですね。ですが、治ったからといって安心できない病気でもあるんです。

低音障害型難聴は再発しやすい!?

低音障害型難聴は薬だけで完治しやすい病気ですが、再発も多い病気です。2~3割の人は1年から1年半以内に再発するといわれています。油断できないですよね。

 

低音障害型難聴は、ストレスが原因で起こるといわれています。ですからまた同じような生活を続けていると再発してしまうことがあるんです。

 

症状が治まったからといってそこで安心せずに、生活習慣を見直してストレスや疲労を取り除くことが大切です。

 

再発について詳しくはこちらでご説明しています:

低音障害型感音難聴の原因は?再発することもある?

 

参照元:ヘルスケアPOKET

ストレスを取り除くには

低音障害型難聴にかかってしまったら症状が治まるまでは治療に専念しましょう。そして、症状が落ち着いてきたら生活習慣の見直しも考えてみましょう。低音障害型難聴はストレスが溜まったことにより自律神経が乱れて起こると考えられています。

 

ストレスというのは精神的なものだけでなく、肉体的なものも含まれます。

    • 業務過多
    • 睡眠不足
    • 多忙
    • 肩こり・腰痛


なども体はストレスに感じてしまいますので注意してください。

 

ストレスは難聴だけでなく、さまざまな病気を引き起こしてしまう可能性がありますので取り除くように生活を見つめなおしてみましょう。

 

いきなり生活をガラッと変えるというのはかえってストレスになりかねませんので

    • リラックスできる時間を作る
    • 休みの日はしっかり休む
    • 楽しいと感じる時間を増やす


などできることから行ってみてください。

蜂の子はストレス緩和に効果あり?

ストレスを解消するというのは意識して行うとなかなか難しいものです。ですが、栄養をしっかり取ることでも緩和できるんですよ。

 

健康食品の蜂の子には、「トリプトファン」というアミノ酸の一種が含まれています。

トリプトファンには

    • 自律神経を整えるセロトニン
    • 快眠に導いてくれるメラトニン


を作り出す働きがあります。

 

ストレスによる自律神経の乱れを抑えてくれる効果があるんですよ。ビタミンBや亜鉛、マグネシウムなど耳にいい成分も含まれているので生活習慣の改善の1つとして取り入れてみるのもおすすめです。

 

まとめ

低音障害型難聴は突然起こる難聴の一種です。

    • 低い音が聞こえにくくなる
    • 低音の耳鳴りが起こる
    • 耳の閉塞感がある

というのが特徴です。なお、めまいは伴いません。

 

内耳の蝸牛が水ぶくれを起こすことが原因で起こります。蝸牛が水ぶくれになる原因ははっきりわかっていませんが、ストレスが原因になるのではないかといわれています。

 

早めの治療が完治のカギになり、10日ほどの投薬治療で8割の人が完治します。ですが、完治した後も2~3割の人が再発します。症状が治まった後も、再発を防止するためにストレスのない生活を送ることが重要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事