低音障害型難聴で処方される薬は?漢方でも効果ある?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

低音障害型感音難聴で処方される薬は?漢方でも効果ある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 8分

低音障害型感音難聴で処方される薬は?漢方でも効果ある?

 

ストレスが原因で起こるといわれている低音障害型感音難聴。治療には薬が使用されますが、どんな薬が処方されるのでしょうか。処方される薬の効能や副作用についてお話しします。

 

また、効果がある漢方薬もご紹介していきます。漢方薬は再発防止のために長期的に飲むことも可能ですので参考にしてみてください。

低音障害型感音難聴は薬物治療が主

低音障害型感音難聴は、内耳にある蝸牛が水ぶくれを起こしていることによって起こる難聴です。蝸牛が水ぶくれを起こす原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲労などが原因になっているといわれています。

 

私も内耳が水ぶくれになっているといわれたことがあります。その時に、ストレスや疲労がかさなって代謝が悪くなって足がむくんだり、末端の血行が悪くなったりするのと同じ状態です、と説明されました。そういわれるとすごく納得してしまいますね。

 

軽い場合は安静にしているだけでも治ることがありますが、ほとんどの場合は投薬治療を行います。投薬治療を行っても改善しない場合、入院をするケースもありますがそれほど多くはありません。

処方される薬は?

低音障害型感音難聴で処方される薬

 

それでは低音障害型感音難聴では実際どのような薬が処方されるのでしょうか。

利尿剤

内耳にたまったリンパ液を循環させ、尿として排出させるのを促すための薬です。

ビタミンB12

神経を正常に働かせる作用があり、難聴にも効果的です。睡眠と覚醒のリズムを整える作用もありますので、睡眠不足や不眠症の人にも良い効果があります。

 

ビタミンは薬だけでなく、普段の食生活でもしっかり摂取できるように意識していきましょう。

ATP製剤(アデノシン三リン酸ニナトリウム製剤)

血管を拡張させ、血流を改善する薬です。脳や内耳の代謝も促進され、神経伝達の効率も改善します。低音障害型感音難聴による聞こえづらさや耳の閉塞感、耳鳴りの改善が期待できます。非常に安全性の高い薬だといわれています。

 

商品名はアデホス、トリノシンなどがあります。

 

参照元:加賀耳鼻咽喉科クリニック

ステロイド剤が使われることはある?

主に処方されるのは上記の3つの薬ですが、症状が改善されない場合や、症状が重い場合はステロイド剤を処方されることもあります。

 

ステロイドというのは副腎から作られるホルモンで元々体の中にあるものです。薬として服用すると体の免疫力を抑えたり、体の炎症を抑えたりする効果があります。

 

副作用も心配される薬ですが、低音障害型感音難聴で服用するのは1~2週間と短い期間です。服用する量もそれほど多くありませんので副作用の心配はありません。

漢方薬でも効果はある?

低音障害型感音難聴で漢方薬は効果ある?

 

低音障害型感音難聴の治療には漢方薬が使用されることもあります。実際にステロイド剤や利尿剤とほとんど変わらない効果があったという研究結果もあります(参照https://www.jstage.jst.go.jp/article/audiology1968/47/5/47_5_327/_pdf)漢方薬局はもちろん、大学病院などでも漢方薬が処方されることがあります。漢方薬で治療したいという人はお医者さんに相談してみましょう。

 

漢方薬には様々な種類がありますが、低音障害型感音難聴に効果があるといわれているものを紹介します。

五苓散(ごれいさん)

水溶性の下痢、むくみなどに効果のある漢方薬です。水分バランスを整える働きがあるため内耳の水ぶくれを解消する効果も期待できます。

 

参照元:ツムラ

http://www.tsumura.co.jp/products/ippan/019/index_s.html

柴苓湯(さいれいとう)

こちらも水の循環を改善させ、余計な水分を取り除く効果があります。

 

参照元:ツムラ

http://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/114.html

 

漢方薬には他にも自律神経を整えるものや耳鳴りを改善するものなどがあります。長期的に服用して再発を防止することも可能です。

 

ですが、人によって合うものは変わってきます。合わないものを飲んでしまうと逆効果になってしまう可能性もあります。まずは漢方医か漢方薬局で相談してみることをおすすめします。

 

耳鳴りにいいといわれている漢方薬はこちらでも紹介しています:耳鳴りに漢方は効果ある?病院で処方される?市販品でも大丈夫?

サプリメントを選ぶならどれ?

低音障害型感音難聴は、治療すれば治りやすい病気ですが、2割から3割の人が再発します。再発率も決して低くないですよね。

 

再発について詳しくはこちら:低音障害型感音難聴の原因は?再発することもあるの?

 

低音障害型感音難聴は、蝸牛の水ぶくれが原因です。蝸牛の水ぶくれを取り除けば症状は治まりますが、同じ生活を続けているとまた同じように蝸牛が水ぶくれを起こす可能性があるんです。

 

ですから、病院での治療の他に生活習慣の改善も大切になってきます。ストレスや疲労を取り除くことで再発の可能性も少なくなってきます。

ストレスにいいサプリメントとは?

ストレスは日常生活の工夫で取り除くこともできますが、必要な栄養素をしっかり摂ることでも緩和させることができます。

 

アミノ酸の一種である「トリプトファン」は、自律神経を整えたり、快眠に導いてくれたりする効果が期待御できます。トリプトファンは体の中で合成することのできない必須アミノ酸ですから食べ物から摂取しなくてはいけません。逆にいうとしっかり摂取していないと不足して、自律神経の乱れにつながります。

 

健康食品の蜂の子にはトリプトファンが豊富に含まれています。また、蜂の子にはビタミンやミネラルも豊富に含んでいるため、難聴にもいいといわれているんですよ。

 

実際に蜂の子を摂取して聴力が回復したという人も少なくないんです。治療の併用として、再発予防として試してみるのもおすすめです。

 

詳しくはこちら:蜂の子は難聴に本当にいいの?実際の評判をご紹介!

まとめ

低音障害型感音難聴は、主に薬物で治療します。

・利尿剤

・ATP製剤

・ビタミンB12

が主に処方される薬です。これで症状が改善しない場合や、症状が重い場合はステロイド剤を使用することもあります。

 

薬を服用する期間は1~2週間と短めなので副作用の心配はありません。

 

病院によっては漢方薬が使用されることもあります。漢方薬には自律神経を整える効果のあるものもあり、再発予防にも役立ちます。ただし、合わないものを使用すると逆効果になる可能性があります。まずは医師や薬剤師に相談してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事