ローヤルゼリーと蜂の子の違いは?耳鳴りにいいのはどっち?

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

ローヤルゼリーと蜂の子の違いは?耳鳴りにいいのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 12分

ローヤルゼリーと蜂の子の違いは?耳鳴りにいいのはどっち?

 

静かなところにいてもキーン、ザワザワ、ジーッ・・・耳鳴りがしていると気になりますよね。ずっと音を感じて悩んでいる人も多いと思います。

 

耳鳴りといえば蜂の子が効果的だと有名ですが、ローヤルゼリーにも効果があるんです。どちらも蜂由来の健康食品ですが、どう違うのでしょうか?

 

今回はローヤルゼリーと蜂の子の、耳鳴りへの効果の違いについて見ていきましょう。

ローヤルゼリーと蜂の子の違い

ローヤルゼリーと蜂の子。どちらも蜂由来の健康食品で名前はよく聞くと思いますがそもそもどういうものなのでしょうか。

ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーは、女王蜂だけが食べる特別な餌です。働き蜂が集めた花粉などを体内で合成し、分泌したものです。

 

生涯ローヤルゼリーだけを食べ続ける女王蜂は他の蜂よりも2~3倍の大きさになり、30~40倍長生きします。そして毎日1,500個もの卵を産み続けます。

 

必須アミノ酸全9種を含む24種のアミノ酸、10種類のビタミン、8種類のミネラルそして「デセン酸」という特有成分を含んでいます。栄養価の高いローヤルゼリーを食べることで女王蜂は大きく育ち、長生きするんですね。

 

参照元:みつばち健康科学研究所

 

ローヤルゼリーについて詳しくはこちら:

ローヤルゼリーの効果・効能

蜂の子とは

その名と通り蜂の子どもです。幼虫やさなぎのことをいいます。虫を食べることに抵抗がある人も少なくないと思いますが、タイやメキシコ、ルーマニアなどでは昔から食べられていました。中国では漢方の材料に使用されています。

 

日本でも長野県や岡山県、鹿児島県などの郷土料理として知られています。生物をまるまるいただくので非常に栄養バランスがよく、滋養強壮にいいといわれてきたんです。

 

蜂の子には必須アミノ酸9種を含む18種類のアミノ酸、8種類のビタミン、8種類のミネラル、脂肪酸などが含まれています。

参照元:みつばち健康科学研究所

 

蜂の子について詳しくはこちら:

蜂の子の効果・効能―TOPページへ

ローヤルゼリーと耳鳴りの関係

ローヤルゼリーと耳鳴りの関係

 

それでは、ローヤルゼリーが耳鳴りの改善にどう役立つのか見てみましょう。

耳鳴りが改善した実験結果

山田養蜂場では、ローヤルゼリーを摂取している人で「耳鳴りが改善した」という声が多かったため耳鳴りの改善効果を科学的に調べる試験を行いました。

 

耳鳴りを感じている人24名を

 

  • 1日に700mgのローヤルゼリーを摂取するグループ
  • 1日に2,800mgのローヤルゼリーを摂取するグループ

 

の2つに分けました。8週間毎日摂取してもらい、症状を検査しました。

 

医師に試験データを総合的に評価してもらったところ

 

  • 1日に700mg摂取で25%
  • 1日に2,800mg摂取で88.3%

 

改善したという結果が出ました。両方とも改善の傾向にありますが、たくさん摂取した方が、効果が出るという結果ですね。耳鳴りの改善のためにローヤルゼリーを摂取するなら、たくさん摂取する必要があるんですね。サプリメントの場合は、ローヤルゼリーの含有量が多いものを選ぶといいでしょう。

 

参照元:みつばち健康科学研究所

ローヤルゼリーサプリを比較するならこちら:

ローヤルゼリーサプリの比較ランキング

ローヤルゼリーの何が耳鳴りにいいの?

耳鳴りの原因はさまざまありますが、難聴を伴うケースがほとんどです。難聴は自覚がない場合も多いようです。ですが、脳は聞こえにくくなっている音を聞き取ろうとして、指令を出し続けます。この強い指令が耳鳴りになって聞こえてくるといわれています。

耳鳴りの仕組みについて詳しくはこちら:

蜂の子は耳鳴りに本当に効果的なの?

 

ローヤルゼリーに含まれるトリプトファンには脳や神経の興奮を抑える働きもあります。ですから、脳の興奮による耳鳴りの症状を抑える効果が期待できます。

 

さらに、ローヤルゼリーには、自律神経を整える「アセルリコチン」も含まれます。トリプトファンも自律神経を整える「セロトニン」の材料となるんですよ。自律神経の乱れから耳鳴りが発生するケースも多いのでその症状を抑えてくれるんですね。

ローヤルゼリーと自律神経の関係について詳しくはこちら:

ローヤルゼリーが自律神経を整えてくれるって本当?

 

また、更年期障害から耳鳴りを引き起こす可能性もあります。ローヤルゼリーには女性ホルモンと似た働きをする「デセン酸」が含まれているため、更年期障害にも効果があるといわれています。

ローヤルゼリーの更年期障害への効果についてはこちら:

ローヤルゼリーが更年期の悩みに効くと言われる理由は?

蜂の子と耳鳴りの関係

蜂の子と耳鳴りの関係

 

続いて、蜂の子の耳鳴りへの効果について見ていきましょう。

耳鳴りが改善した実験結果

蜂の子にも耳鳴りへの効果を調べる実験が行われています。

 

耳鳴りを伴う難聴患者60名を

 

  • 1日に2,880mgの蜂の子を摂取するグループ
  • 何も入っていない偽薬を摂取するグループ

 

の2つに分けました。12週間毎日摂取してもらい経過観察を行いました。

 

偽薬を摂取していたグループは聴力レベルが低下していました。難聴による耳鳴りは放っておくと悪化してしまうということが分かりますね。

 

一方、蜂の子を摂取していたグループはよく聞こえる方の耳で2,000~4,000Hzの聴力が回復していました。また、「耳鳴りを制御できないと感じる」「耳鳴りのせいで憂鬱になる」という自覚症状が軽くなっていました。

 

この実験では12週間でしたが、さらに継続することで効果が期待されています。

 

参照元:みつばち健康科学研究所

蜂の子の何が耳鳴りにいいの?

蜂の子にも、ローヤルゼリーと同様、トリプトファンが含まれています。トリプトファンが脳の興奮を抑えたり、自律神経を整えたりするのに役立つため、耳鳴りの解消が期待できます。

 

耳鳴りを改善させるには疲労回復も重要です。蜂の子には豊富なアミノ酸やビタミンB群が含まれているため、疲労回復にも役立ちます。

 

また、ローヤルゼリーも同様ですがビタミンやミネラルも豊富なため、足りない栄養素を補うことができ、耳鳴りだけでなく体の不調の改善が期待できます。

ローヤルゼリーと蜂の子どっちがいい?

ローヤルゼリーも蜂の子も、耳鳴りが改善する理由はほとんど同じでした。ただし、実はアミノ酸の量が違います。蜂の子はローヤルゼリーの3倍もアミノ酸が含まれているといわれているぐらいです。また、蜂の子は難聴への効果の実験結果もありますが、ローヤルゼリーにはないので難聴がひどい人は蜂の子の方が確実かもしれませんね。

 

ですがローヤルゼリーにももちろんいいところはあります。女性ホルモンと似た働きをする「デセン酸」を含んでいるのでホルモンバランスの乱れを整えてくれるのです。

 

どちらがいいのかどうかは人によって異なります。

 

ローヤルゼリーがおすすめなのは

    • 更年期の女性
    • ホルモンバランスが乱れている人

 

蜂の子がおすすめなのは

    • 体力不足だと感じる方
    • 疲れが取れないと感じる方
    • 耳鳴りだけでなく難聴も気になる方

などです。

 

どちらも必ず耳鳴りが改善するという訳ではありませんが、体にいい成分がたくさん入っていますのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ローヤルゼリーと蜂の子には「トリプトファン」というアミノ酸が含まれています。トリプトファンは脳の興奮を抑えたり、自律神経の乱れを整えるサポートをしたりする働きがあるため、耳鳴りに効果的だといわれています。

 

実際に、ローヤルゼリーや蜂の子で耳鳴りが改善したという実験結果もあります。

 

蜂の子の方がアミノ酸の量が多いため、疲労回復効果が期待できます。半面、ローヤルゼリーには女性ホルモンと似た働きをする「デセン酸」を含んでいるためホルモンバランスを整える効果が期待できます。

 

どちらがよいのかは人によって異なりますが、

 

  • 更年期障害など女性特有のお悩みがある人はローヤルゼリー
  • 疲れやすい、難聴がひどい、という人には蜂の子

 

をおすすめします。

 

どちらも耳鳴り改善のためには毎日摂取する必要があります。ローヤルゼリーには生のもの、蜂の子はそのまま食べるものもありますが、毎日続けるのならサプリメントが手軽でおすすめです。

 

ローヤルゼリーサプリの比較ならこちら

蜂の子サプリの比較ならこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事