蜂の子

蜂の子の効果・効能―Power of Bee larva―

タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む蜂の子の効果・効能について。蜂の子が持つ力を試してみませんか?

メニエール病の症状を緩和させるための生活習慣とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 10分

メニエール病の症状を緩和させるための生活習慣とは?

 

メニエール病の症状を改善させるには、生活習慣の改善も大切です。メニエール病の原因はストレスが関係していると考えられているため、ストレスを取り除くことが重要なんです。

 

メニエール病は完治が難しいといわれている病気です。だからこそ病院だけに頼らず、日々の生活を改めてみる必要があるのではないでしょうか。

 

症状を改善させるための生活習慣のポイントをお話ししていきます。

基本は薬物治療

メニエール病は、回転性のめまいに伴う難聴や耳鳴り、頭痛などの発作をくり返す病気です。発作は繰り返すごとに症状が重くなってしまう場合が多いです。最終的にはめまいがしていない時でも難聴や耳鳴りを起こし、場合によっては片耳が聞こえなくなってしまうこともあります。そうならないうちに早めに病院に行って適切な治療を受けましょう。

 

メニエール病は完治が難しく、難病に指定されていますが、絶対に治らない訳ではありません早めに治療を始めることで完治する可能性もグッと上がっていきます。

 

メニエール病は、内耳の病気です。内耳の内リンパ液が過剰になり、水ぶくれになることによっておこります。この水ぶくれを解消したり、症状を抑えたりする薬が処方されます。症状がひどい場合、手術を行うこともありますが基本的には薬物治療が中心です。

 

生活習慣の改善も重要!

生活習慣の改善が症状緩和のポイント

 

メニエール病の原因は内耳が水ぶくれになる内リンパ水腫です。なぜ内リンパ水腫ができるのかという理由はハッキリ分かっていません。ですが、発展途上国に少なく先進国に多いなどの理由からストレスが関係しているのではないかといわれています。

 

ですから、メニエール病の症状を改善させるには、薬物治療と共に生活習慣の改善が大切になってきます。ストレスを溜めない生活に変えていかなくてはいけないんですね。

しっかりした睡眠

特に気を付けたいのは睡眠です。メニエール病を発症する人は睡眠不足の人が多いとも言われています。

 

ストレスというと精神的なもののイメージが強いですが、肉体的なストレスというものもあります。睡眠不足ですと疲れもたまりやすいですし、知らず知らずのうちに肉体的なストレスが溜まってしまいます。

 

また、自律神経も乱れやすくなり、さまざまな不調の原因になります。自律神経の乱れから内リンパ水腫ができているという説もあります。

 

他の病気にも言えることですが、しっかりした睡眠はメニエール病の症状改善に欠かせません。

ストレスの解消

自分では感じていなくても、現代人は何らかのストレスを抱えているといいます。

 

貯め込まずに自分なりの解消法を持っておくといいですね。何がストレス解消になるのかは人によって違います。

    • 適度な運動をする
    • ゆっくりお風呂に入る
    • カラオケで思いっきり歌う
    • 誰かに愚痴を話す
    • アロマでリラックスする
    • 好きな音楽を聴く
    • ドライブをする


など、自分が楽しいと感じることをしてストレスを溜めないようにしましょう。

 

「ストレスにならないように」「ストレスを溜めないように」と考えているのもストレスになりかねませんので、できる範囲で行ってくださいね。

食生活で気を付けることは?

メニエール病の症状緩和のための食生活とは

 

食生活を改善することでもメニエール病の症状の緩和につながります。しっかりと栄養をとることでも発作の対策につながります。

適度な塩分と水分を心がける

塩分の摂り過ぎで発作が誘発される、という説もあります。塩分の摂りすぎには特に注意しましょう。また、水分も取りすぎは禁物です。

 

厚生労働省によると、1日の塩分の目安摂取量は健康な成人の場合

 

  • 男性:9g
  • 女性:7.5g

 

です。塩分はこの範囲内にするようにしてください。

 

持病などがある場合はまた変わってきますのでお医者さんの指示に従ってください。

 

1日に必要な水分については厚生労働省の具体的な数値はありません。気温や湿度、労働や運動などの状況についても大きく変わってくるからかもしれませんね。

 

ですが、食事からも水分は摂取していますので、水分として摂取する量は

    • 通常は500~600ml
    • 汗をかきやすい季節で1,000mlから1,500ml


といわれています。

意外と少ないですよね。水分不足はもちろん危険ですが、飲み過ぎもよくありませんので注意してくださいね。

 

参照元:健康長寿ネット

バランスの良い栄養を!

しっかり栄養を摂れば、耳や脳にも栄養が行き届くようになるので症状の緩和が期待できます。

 

メニエール病の場合は特に

    • 食物繊維
    • ビタミン
    • 酵素
    • DHA/EPA


などを摂取するように心がけましょう。

 

肉よりも魚中心の食生活にし、野菜もたっぷり食べるようにすると自然に摂取できる栄養素ですよ。

 

食事療法の場合も、あまり厳しくするとストレスになってしまいます。できることから少しずつ行っていきましょう。たまには好きなものを食べる日を作って、上手に管理してみてください。

サプリもおすすめ!

メニエール病の症状緩和には、サプリメントを利用してみるのもおすすめです。食事で補えない栄養を補うという理由でも、症状緩和につながります。

 

ただし、薬との相性もありますのでお医者さんに相談してから摂取するようにしましょう。

蜂の子

ストレスの緩和や自律神経を整える効果があるといわれています。難聴、めまい、耳鳴りなどそれぞれの症状にも効果があるといわれています。

 

アミノ酸やビタミン、ミネラルを含んでいるので栄養補給にもぴったりです。

 

イチョウ葉エキス

イチョウ葉だけに含まれている「ギンコライド」という成分は非常に抗酸化作用が高く、血行促進効果もあります。めまいや耳鳴り、頭痛の緩和の効果も期待できます。

 

参照元:飛鳥薬局

GABA

GABAはアミノ酸の一種です。血流を活発にする効果があり、脳や神経をリラックスさせる効果があります。耳鳴りやめまいの改善効果も期待できます。

 

参照元:GABAストレスセンター

 

 

その他、ビタミンやDHA/EPAなどを食事で摂取できない場合は、サプリメントで補うのもおすすめです。ですがサプリメントはあくまで健康補助食品ですので、食生活も少しずつ改善していってくださいね。

 

GABAやイチョウ葉エキスは蜂の子のサプリに良く含まれている成分です。一緒に摂りやすいのでこちらも参考にどうぞ:

蜂の子サプリに良く含まれる成分一覧

まとめ

メニエール病にはストレスや睡眠不足、疲労が大きく関係していると考えられています。ですから症状を緩和させるには、これらを改善させるための生活習慣が大切です。

 

  • しっかりした睡眠をとる
  • ストレスを発散させる
  • 食事で栄養をしっかり摂る

 

ということが大切になってきます。あまりストイックになりすぎるとかえってストレスになってしまうこともありますので、できることから実践してみてください。

 

メニエール病は完治が難しい病気といわれていますが、病院での治療に加えて生活習慣を改善することで、症状の緩和も期待できます。絶対に完治しない病気、でもありませんので根気よく続けてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
サイト内検索
よく読まれている記事
更新記事